Lecture
※ 現在開講中の授業の講義資料は、L. Note ページに
  掲載しています(iMac向けフォーマット版のみ)。
  閲覧には、講義内で連絡するパスワードの入力が
  必要です。
 
 

金融論(京都府立大学公共政策学部 専門科目)

 

1.スケジュール   

 <1>イントロダクション

  第01回 金融市場を通じた資産運用

       − 個人からみた金融取引の意義 −  

  第02回 金融市場を通じた資金調達

        − 借金は「悪」か? − 

 <2>債券市場(デット・ファイナンス) 

  第03回 様々な借り入れ①   

      − 金融取引の「価格」としての利回り − 

  第04回 様々な借り入れ② 

      − 現在からみた将来 − 

  第05回 様々な借り入れ③

      − 債券市場の広がり − 

  第06回 金利とスプレッド

      − 3つのリスク・プレミアム − 

  第07回 小括

 <3>株式市場(エクイティ・ファイナンス)

  第08回 株式会社

      − 創造的破壊のリスクの引き受け − 

  第09回 株価 

       − 将来の飛躍への期待・失望 − 

  第10回 配当・自社株買い

      − 成長の果実の還元 −  

  第11回 コーポレート・ファイナンス入門

       − 債券 vs. 株式 −  

 <4>金融・資本市場の制度インフラ

 

  第12回 ファイナンシャル・ゲートキーパー

       − 情報生産・分析の担い手 − 

  第13回 投資信託

      − 個人の資産運用を支える金融仲介機関 −   

 

  第14回 保険・年金基金

      − 機関投資家としての保険 − 

  第15回 利害相反問題

      − 金融機関は信頼できるか? − 

  第16回 結びに代えて 

2.講義の進め方・成績評価

 

  進め方

   原則、教員による講義を中心に進めます。

   教員が用意した講義資料に基づいて進めます。

   PDFファイルをL. Note ページに掲載して

   いますので、カラー資料が欲しい方、講義に

   出席できなかった方などは、

   こちらから入手して下さい。

  教科書・参考書

   教科書は特に用いません。

   参考書として、以下を推奨します。

   ・内田浩史(2016)『金融』

     有斐閣

   ・大村敬一・俊野雅司(2014)『証券論』

     有斐閣

   ・古川顕(2014)『テキストブック現代の金融』

     東洋経済新報社

   ・ミヒル・デサイ(2018)

     『ハーバードのファイナンスの授業』

     ダイヤモンド社

 

  成績評価

   成果主義に基づいて、行います。

   評価方法の詳細は、第1回の講義時に説明します。

 

地域金融論(京都府立大学公共政策学部 専門科目)

 

1.スケジュール   

 <1>銀行論

  第01回 銀行とは?

       − 相対型間接金融の担い手 −  

  第02回 金融仲介機関

       − 「健全」な預け先としての銀行 −

  第03回 情報の非対称性①

       − 市場取引におけるもう一つのギャップ − 

  第04回 情報の非対称性②

       − 「委託された監視者」としての銀行 − 

  第05回 貨幣理論と決済

       − 決済機能の担い手としての銀行 −

  第06回 金融秩序とプルーデンス政策

       − 金融自由化と規制強化に揺れる銀行規制 − 

  第07回 銀行業界をめぐる近年の動向①

       − 厳しさを増す預貸業務 −

  第08回 銀行業界をめぐる近年の動向②

       − 伝統的商業銀行ビジネスから証券ビジネスへ −

 

 <2>政府と金融 

  第09回 国債①

        − 資金調達主体としての中央政府 −

  第10回 国債②

        − 日本財政のXデー −

  第11回 地方債①

       − 資金調達主体としての地方自治体 −

  第12回 地方債②

        − デット・ファイナンスを駆使する地方自治体 − 

  第13回 政策金融機関

        − 金融仲介機関としての政府 − 

  第14回 公的金融と財政投融資制度

       − 公的金融に期待される役割 −  

 

  第15回 結びに代えて  

2.講義の進め方・成績評価

 

  進め方

   原則、教員による講義を中心に進めます。

   教員が用意した講義資料に基づいて進めます。

   PDFファイルをL. Note ページに掲載して

   いますので、カラー資料が欲しい方、講義に

   出席できなかった方などは、

   こちらから入手して下さい。

  教科書・参考書

   教科書は特に用いません。

   参考書として、以下を推奨します。

   ・内田浩史(2016)『金融』

     有斐閣

   ・古川顕(2014)『テキストブック現代の金融』

     東洋経済新報社

   ・福田慎一(2020)『金融論 新版』

     有斐閣

   ・酒井・鹿野(2011)『金融システム 第4版』

     有斐閣アルマ

   ・鹿野嘉昭(2013)『日本の金融制度 第3版』

     東洋経済新報社

 

  成績評価

   成果主義に基づいて、行います。

   評価方法の詳細は、第1回の講義時に説明します。

 
 
 

ミクロ経済学Ⅰ

(京都府立大学公共政策学部 専門科目)

1.スケジュール   

 <1>市場分析の枠組み

  第01回 ガイダンス 

  第02回 需要と供給

  第03回 経済厚生と余剰分析

 <2>個人の消費行動の分析

  第04回 数学的基礎知識の確認試験

      ・消費者が追求する効用

  第05回 予算制約

  第06回 経済合理的な消費

  第07回 環境の変化への対応①

  第08回 環境の変化への対応②

  第09回 消費行動のモデル化の応用  

  第10回 中間試験

 <3>公共経済学入門

  第11回 純粋交換経済モデル

  第12回 厚生経済学の基本定理

  第13回 「市場の失敗」と公共経済学

 <4>租税の経済学

  第14回 公共経済学からみた租税

  第15回 望ましい消費課税

  第16回 結びに代えて

  期末試験 

2.講義の進め方・成績評価

  進め方

   原則、教員による講義と演習問題への

   取り組みを織り交ぜながら進めていきます。

   教員が用意した講義資料に基づいて進めます。

   PDFファイルをL. Note ページに掲載して

   いますので、講義に出席できなかった方などは、

   こちらから入手して下さい。

  教科書・参考書

   教科書は特に用いません。

   参考書として、以下のものを推奨します。

    ・レヴィットなど(2017)

     『レヴィット ミクロ経済学 基礎編』

     東洋経済新報社(講義と同レベル)

    ・芦谷政浩(2009

     『ミクロ経済学

     有斐閣講義と同レベル

    ・クルーグマン・ウェルス(2017)

     『クルーグマン ミクロ経済学

     東洋経済新報社(より平易)

    ・荒井一博(2012)

     『ミクロ経済理論 第2版』

     有斐閣アルマ(より難)

    ・伊藤隆敏(2017)

     『公共政策入門』

     日本評論社(講義と同レベル

    ・板谷淳一・佐野博之(2013)

     『コア・テキスト 公共経済学』

     新世社(同レベル)

    ・小塩隆士(2016)

     『公共経済学』

     東洋経済新報社(同レベル)

  成績評価

   成果主義に基づいて、行います。

   評価方法の計算式は、以下の通りです。

    確認試験(10%) 

    + 演習ワーク(30%)

    + 中間試験(30%)

    + 期末試験(30%)

​   ただし、3つの試験は全て受験して下さい。

   1つでも受験していない場合は、成績

   評価の対象としません。

 
 

ミクロ経済学Ⅱ

(京都府立大学公共政策学部 専門科目)

 

1.スケジュール   

 

 <1>企業の生産活動の分析(生産関数編)

  第01回 1生産要素モデル①

  第02回 1生産要素モデル②

  第03回 2生産要素モデル①

  第04回 2生産要素モデル②

  第05回 環境の変化が与える影響

  第06回 中間試験①

 <2>企業の生産活動の分析(費用関数編)

  第07回 生産関数から費用関数へ

  第08回 経済合理的な生産

  第09回 価格の変化への対応

  第10回 供給曲線の導出 

  第11回 小括 

  第12回 中間試験② 

 <3>不完全競争市場

  第13回 独占企業の生産活動 

  第14回 独占による「市場の失敗」   

  第15回 独占の弊害と政府による規制    

  第16回 結びに代えて    

  期末試験 

2.講義の進め方・成績評価

  進め方

   原則、教員による講義と演習問題への

   取り組みを織り交ぜながら進めていきます。

   教員が用意した講義資料に基づいて進めます。

   PDFファイルをL. Note ページに掲載して

   いますので、講義に出席できなかった方などは、

   こちらから入手して下さい。

  教科書・参考書

   教科書は特に用いません。

   参考書として、以下のものを推奨します。

    ・ミクロ経済学1で提示した参考書

  成績評価

   成果主義に基づいて、行います。

   評価方法の計算式は、以下の通りです。

    演習ワーク(30%)

    + 中間試験1(20%)

    + 中間試験2(30%)

    + 期末試験(20%)

   ただし、試験は全て受験して下さい。

   1つでも受験していない場合は、成績評価の

   対象としません。

 
 
 

専門演習Ⅰ

(京都府立大学公共政策学部 専門科目)

1.演習の概要・到達目標

 本ゼミ

  前期は、月ごとにテーマを決め、(単なる輪読では

  なく)討論を通じて、金融の基礎知識を深めます。

  専門書籍、Wall Street Journal・Financial Timesの

  記事などを題材とします。

  テーマの候補:

   村上ファンド、「ハゲタカ・ファンド」の功罪

   クラウド・ファンディングの将来性

   資産運用アプリやAI投資などの妥当性

   金融業界の再編動向

   ESG投資のゆくえ

   地域金融機関の果たす役割と今後

  後期(夏季休暇含む)は、チーム研究に取り

  組みます。1チーム3名程度に分かれ、自ら

  提案・選択したテーマで自主研究を進めます。

  チーム単位での「卒業」論文を年度内に書き

  上げることを、課題とします。

 サブ・ゼミ

  金融分野では、事業会社や金融機関の財務

  諸表を読む必要があります。そのために必要と

  なる会計の実践的な基礎知識を身につけて

  いきます。

  簿記3級に、原則6月の試験で合格すること、

  そして証券アナリスト試験 第1次レベル 

  科目「財務分析」の合格レベルに、年内に

  達することを、課題とします。

     

2.受講の要件

 要件

 1)経済学、特に金融分野に、高い関心を有すること 

 2)上記「1.演習の概要・到達目標」を理解した

   上で、実質的に2年間、少なくとも1年間を

   通して、ゼミ活動(本ゼミ+サブ・ゼミ)に

   熱心・誠実に取り組む意欲があること 

 3)ゼミ活動に取り組む上で必要となる経済学、

   特に金融分野の基礎知識を有すること

     ※ ここでいう「金融分野の基礎知識」は、

      講義「金融論」で取り上げる内容を指します。

 
 

専門演習Ⅱ

(京都府立大学公共政策学部 専門科目)

 概要

  卒業論文の執筆を行います。

  以下のスケジュールを目安として、

  各自で研究テーマを設定し、高い

  付加価値のある研究に取り組みます。

   3月 研究計画書の作成

   10月 卒業論文中間報告会

   12月 卒業論文の完成(翌月に最終提出)